Deutsch English Italiano Français по-русски 漢語 日本語 Tiếng Việt 한국말
keyboard_arrow_right

家禽肉 – ドイツの高品質肉

Content Still 03

ドイツには約6,500の高品質の家禽生産者が以下の個人的な約束をしています:動物保護、消費者保護そして環境保護の規制に従って生産された高品質の家禽肉を提供すること。孵化、飼養および加工段階での密接な協力体制が家禽生産サイクル全体の特徴となっています。飼養される雛鳥は専門孵化業者からのもので、その大半は自家繁殖によるものです。孵化業者は最適な育雛環境の設定に必要なノウハウを有しています。

衛生と動物の健康に保つことが、私どもの優先事項です。それゆえ、家禽舎とすべての器具を、徹底して清掃し、雛鳥が到着する前に消毒しています。その後、藁を置き、餌と水のラインを敷きます。動物の餌はそれぞれの細かな要求に応じたものとなっています。年齢により、異なる種類の餌が通常利用されます。穀物(主にトウモロコシと小麦)は餌の中で大部分を占めるものですが、大豆、セイヨウアブラナあるいはエンドウ豆から摂ったプロテインも利用されています。現代の家禽舎技術により、動物が餌と水を随時摂取できるよう保証しています。餌と水飲みの設備は、雛鳥とともに「成長」し、飼養工程全体を通じ高度な衛生レベルが保証されています。

健康体の動物だけが出荷されることを獣医が確認しています。また、獣医が家禽生産者の記録を点検し、動物が健康証明を得ていることを確認します。この生体検査は、動物の移送と事後的な家禽の加工のための前提となっています。何も問題がなければ、鶏と七面鳥はドイツ動物輸送保護令に従って屠殺場に移送されます。

ドイツの家禽生産は、農場と屠殺場との距離が近いことで有名です。家禽は厳重な衛生管理の下で加工されます。加工施設に到着した後、動物は再び公的な監督機関によって検査されます。加工自体も獣医の監督下にあります。

ドイツの家禽生産は2017年に記録的水準に達しました。合計170万トンの肉が生産され、ドイツはEUで第2位の家禽製品の生産者に躍り出ました。家禽生産量は、2017年に170万トン(一人当たり20.9kg)です。輸出も過去数年の間に大幅に増大しました。2017年には、757,000 万 トンの家禽製品 が全世界100ヵ国もの国々に輸出されています。