Deutsch English Italiano Français по-русски 漢語 日本語 Tiếng Việt 한국말
keyboard_arrow_right

ドイツ - 強い牛肉生産

Content Still 01 4

ドイツでは、2017年に14,4万の酪農家が約1,200万頭の乳牛を飼養しています。これにより、ドイツはヨーロッパで第2位の乳牛生産者となっています。2017年に、合計110万トンの牛肉が生産され、そのうち37,8万トンが世界中に輸出されています。

ドイツは40種以上の牛の品種の産地となっています。牛の品種の多様性は、ドイツ南部のバイエルン州側アルプス山脈から北海とバルト海の海岸まで広がる、それぞれの地域の気候と餌の違いを反映しています。ドイツには肉や牛乳、もしくはその両方の生産にうってつけの雌牛品種があります。ジャージー種とブラウンスイス種はドイツ南部で主流な品種であり、北部ではホルスタイン種が主流となっています。

ドイツの養牛は一般的には農業として、大規模経営に最適なものになってきています。60%以上の乳牛が100頭以上の動物とともに飼養されています。

ドイツの牛肉生産には専門的な土台の上に成り立っています。農業ビジネスにおける繁殖と受精、家畜飼養、屠畜、加工、そして能力および品質の点検はすべて極めて高度な基準に従うものとなっています。合計350万頭を擁する約6万4,500の養牛農家が肉と乳の能力試験を受けています。産肉能力試験では、日次で体重増加、屠殺重量、食肉処理や部位のデータを記録しています。こうした結果は、直ちに繁殖のために活用されます。