Deutsch English Italiano Français по-русски 漢語 日本語 Tiếng Việt 한국말
keyboard_arrow_right

ドイツ-ヨーロッパで最大の豚製品生産者

Content Still 01

ドイツには長い、豚肉生産の伝統があります。生産の方式と体制は高い水準に達しており、動物遺伝学、動物医療、生産器具や衛生法は絶えず進化しています。

肉生産用に約2,700万頭をドイツは飼養しています。ドイツ国内での養豚は、主に北西部で担われています。ニーダーザクセン州はドイツで養豚の約30%以上を占める重要な豚生産地であり、ノルトライン=ヴェストファーレン州およびバイエルン州がすぐ後に続きます。

2017年には、約5,800万頭の豚がドイツで屠殺され、550万トンの豚肉が生産されています。つまりドイツはヨーロッパで最大の豚肉生産者となっています。世界においては、中国と米国に続く第三のポジションを占めています。

ドイツは、290万トン以上の豚肉を100ヵ国以上の国々に輸出しており、これにより高品質の肉に対する高まる需要に対応しています。

ドイツの豚肥育は、異なる品種の多様さに特徴付けられます。それゆえ、ドイツ在来種とピエトレンとの異種交配による能力の高い動物と並んで、シュバビアンハール、ベントハイム黒豚雑種およびアンゲルンサドルバックなどの無数の伝統的な豚の品種が存在しています。すべての品種が健康的で見事な肉をもたらすことで知られています。

豚を飼養するビジネスが減少するにつれ、品種の特化が進んでいます。今日、3万の養豚農家が2,800万頭の豚を飼養しています。すべての豚の60%程度は、1,000頭以上の動物と共に農場で育てられます。ますます増大する生産性により、豚肉生産は記録的な水準に達しています。